派遣業 必要書類

“派遣業に必要な書類作成”に関連する投稿

「かんたん派遣経営サポートパック」Ⓐセットの

①労働者派遣基本契約書について説明します

「派遣先と派遣元の間で倫理的に交わす契約書です」

①(目的)の条項としては、派遣契約の有効期間、

派遣先(甲)と派遣元(乙)の間で派遣従業員を

どの業務に従事させて派遣先の指示(者)による

業務の遂行に専念させるかを示しています。

「かんたん派遣経営サポートパック」Ⓐシート

②(適用)の条項としては、個別契約書にて

適用している事を示しています。

③(個別契約)としては別途個別契約にて

契約内容を明示している事を示しています。

④(法令順守)としては労働者派遣法や労働基準法等の

「かんたん派遣経営サポートパック」①労働者派遣基本契約書の入力事例と入力シート

法令を派遣先と派遣元が共に協議して誠実に責任等を

共有して派遣を遂行する旨を示しています。

※派遣先の行動基準を遵守することを明記

⑤(許可)としては、派遣元が派遣を行う際に

厚生労働大臣から労働者派遣事業許可番号を

取得している事を派遣先に明示する旨を示しています。

⑥(抵触日の通知)については、派遣業務を開始する

場合は労働者派遣法第40条の2第1項・第2項

又は第3項に基づき設定した派遣可能期間(3年)に

抵触することとなる最初の日「抵触日」を通知する等の

通知内容を示しています。

⑦~㉛は内容を省略、赤字は重要事項のため留意ください。

⑦(派遣従業員の選定・通知)⑧(派遣先による特定行為の制限)

⑨(派遣先責任者)⑩(派遣元責任者)

⑪(苦情処理方法、連携体制等)⑫(労務管理、便宜供与)

⑬(報告等)⑭(年次有給休暇)⑮(業務上災害等)

⑯(派遣料の支払い)⑰(成果物に関する著作権)

⑱(本件業務に関する産業財産権)⑲(第三者権利の侵害)

⑳(資料等の管理)㉑(機密情報・個人情報の取扱い)

㉒(損害賠償責任)※派遣従業員が派遣先にて第三者に損害や

怪我を与えた場合の措置は協議して対処する旨を明記

㉓(権利・義務の譲渡等の禁止)

㉕(通知義務)※契約内容の重要事項が発生した場合の

 書面にての通知を行う旨を示しています。

㉖(個別契約の解除、就業の確保、損害賠償に係る適切な措置)

※労働者派遣契約の契約期間が満了する前の解除や派遣従業員を

休業させたり解雇を適正に行う措置等を派遣先と派遣元と

派遣従業員の間で紛争が起こらない旨を明記。

㉗(有効期間)*派遣期間の明記

㉘(契約終了時の措置)㉙(本契約の変更)

㉚(協議解決)㉛(合意管轄)

※派遣先と派遣元で締結した契約に関して訴訟等が

発生した場合は所轄の地方裁判所を第一審の管轄裁判所と

する合意を明記。

*労働者派遣基本契約の締結日、と派遣先、派遣元の

同意として住所・会社名・代表者名・代表者実印を押印し

契約書を締結する。

以上が労働者派遣基本契約書の詳細です

どうぞお気軽にお問い合わせください。

Eメール:info@e-meister2010.jp

中道まで

購入はinformation(サポートパック)より

⤵をクリックしてお願いします。

かんたん派遣経営サポートパック